2007年2月 4日

ぱふ3月号

旦那が本屋へ行きたいと行ったので、それについていって、今月はじめて、ぱふをみかたので、立ち読みをこそこそと……(笑)



そしたら、NHGのイベントの記事を見かけました。

続きを読む "ぱふ3月号"

2007年1月 8日

脳内再生で……

あやうく初彰を澄ませるところでした(笑)

いえ、昨日本屋に旦那が行くというのでいったんですが、
「今日イベントだよなぁ」
とついNHGのその後の兄弟の話を立ち読みしてしまいまして……

続きを読む "脳内再生で……"

2006年8月12日

日差しに負けそう……

今日のお買い物060812えぇと、表紙の釘宮さんと佳奈ちゃんがかくれているのは他意は決して有りません……
どうしても、CDを入れると誰かがかくれちゃうんですよ……どうしても……
ということで、まぁ、色んなところで表紙はupしてあるので、うちくらいはいいでしょ?……

仕事の時は、駅まで歩くんですが、今日はチャリで行きました……
久々にチャリに乗るので、空気いれたりなにやりで、行く前からあせだらけになってたんですよね(笑)
なのにタオルを忘れていってしまって……
困りました……

続きを読む "日差しに負けそう……"

2006年8月10日

福岡の雑誌は2日遅れ〜

いろんなところで声グラの9月号について出てるんで、天神のメイトにいつ入荷ですか?と電話で尋ねてみました。

そこでかいた恥一つ……

続きを読む "福岡の雑誌は2日遅れ〜"

2006年7月24日

『The MANZAI』のトークCD


えぇと、『The MANZAI3』もとおの昔にかっていて、何度となく読んではいるんですが……

4巻が出たらルビーだと思ったのは私だけ?
なんですかね?
なんていいますか、歩君の成長が一段落してるんですよね、3巻で。
で、3巻でますますなんだか進んでるようにみえる、秋本君と歩の仲はなんだか漫才の相方、とか、親友とかいう範囲をすでに超えてしまっているようなきもしてですね……

続きを読む "『The MANZAI』のトークCD"

2006年3月11日

賢雄さんのエッセイ集

やっと私も見たんですが……ちょい天神に出てきて、コア地下の本屋にきたのね(笑)

一番上の一冊だけ袋がけしてなかったので、みましたよ。石田さんのコメントだけ……
ごめん、賢雄さん……そのうち買ったら読むから…。

賢雄さん、これ頼むのに石田さんと食事したんだー、とか、いしださん、そのときかたっちゃうんだー、バイクの話ーーっ、とか、賢雄さんからみた石田さんについてのコメントにただでさえ、くらくらキテんのに……

最後……


"あきら"


で締められた日には、もうっ……

他人様のブログで、見てたのにノックあうとをくらった気分だよ〜

さすがだ、賢雄さん……

2006年3月 6日

『Astral』よみました……

Astral Astral(2)
CDドラマになるというので、そっこう読んでみました。
なんだか、私活字中毒復活なのもしれないっす。

そうですね、静かな静かな話です。
感情の上下動は結構あるのですが、それでも全部読んだ読後感は静か、なんですね。
生きている人間の話でもあるんですけど、主が幽霊なので、静かなのかなぁ、と思ってます。

泣けます……、これ(笑)
はっきり言って、ドラマになる桃香ちゃんの話は1作目ということもあり、そこまでのめり込んではよめないし、キャラの把握とかもあるので、馴らし……みたいな部分でもあるから、そのままおわっちゃうのですが、それの代わりに、2巻ラストの『静かも海』では泣かせてくれます。
でも、私の好みは、水葡ちゃんかなぁ……(笑)

主人公は、なんか乙女ゲーの主人公みたいっす(笑)
なんの取り柄もない(と本人は思っている)ごく普通の男の子なんだけど、すごく優しいの。
その優しさに、幽霊の女の子と、それに絡んでくる生きている女の子が、主人公のまわりにうようよと……(笑)
いや、そういう話でもないんだけどね。

多分、主人公の明くんは、初恋の人の桃香ちゃんを作中最後まで、恋してるまま、というか、なんというか。
CDドラマ、どこまでやるのかなぁ……。
『静かの海』まではできないだろうしなぁ……。

続きを読む "『Astral』よみました……"

2006年3月 5日

The MANZAI  2巻

The MANZAI(2)ばっちりよみました……
別に買ったわけではないのですが(笑) いい歳の大人なんだから、立ち読みとかで読むなよ〜と思いながらもよんでしまいました。
もう、話の方向性がJUNEだとわかっているので、とくになにか構えることもなくよみました。
一巻が読みにくかったのは、話の指向性がどこを目指しているのか、最後まで読んで、一度考えないとわからなかったことにあるみたいです。

やっぱり若い頃に比べて、活字にしても理解力がおちてきてるのかなぁ……とすこし淋しくおもったりもします。
まぁ、最近新規の作家さんをよむことも無くなってきてたしね……

続きを読む "The MANZAI  2巻"

2006年2月26日

LaLa手にいれました……

まだ聞いてはいません(笑)

だって、旦那が夜帰ってきてから、本屋に連れて行ってもらったので。
なんだか皆さんのレビューをちら読みしてるので、聞くのがとても楽しみです……って、私原作読んでないから、わかるかどうか不安なのですが……

【ポストカード付】B’s-LOGビーズログ2006年4月号とりあえず、こちらを見てみました……
そしたら、私がいく本屋では種死のロマンアルバムも、こっちも袋が掛かってなかったので、そそくさと立ち読み……(笑)

続きを読む "LaLa手にいれました……"

2006年2月19日

9S2、読了……

9S(2)
なんていうのかなぁ、やっぱりこういうシリーズものになっている1巻っていうのは、様子見みたいな部分があるのかなぁ、と思いました。
いろんな制約の中での1巻というのはやっぱりテンポが良くなかったのかなぁ……という気が、2巻を読んだ後では思いました。

続きを読む "9S2、読了……"

2006年2月18日

WJに載ってるのか

私、週刊誌をよっぽどのことがない限り買わない人なので、コンビニいって立ち読みの人(最近は通勤中途にコンビニないから、辛……)なので、従って、WJもいつも立ち読み……。
好きなマンガが終わっちゃうと、読まなくなって、好きなマンガが出てくると、コミックス大人買いして、やっと読み出す人なので、いまもほとんど読んでなくて、銀魂のヅラネタ探すのにたいがい苦労してたりしますが……(DVDのためにかったWJも実は中は旦那がちまちま読んでたくらいだ……笑)

そしたら、銀魂関連で、石田さんのコメントがあるんですね。
他の主要キャラ声優の写真ももプロフの写真だ……と素直に思えるものでしたね。
初めてみたのは釘宮さんの写真くらい?……。私、釘宮はリアルなやつしかみたことなかったので、新鮮でした(笑)
いやぁ、いっかいシャナ関連のインタ見て、すっげー化粧映えする顔だと思いました。もともと、化粧映えするだろうなぁ、と思ってたけど、やっぱり女は化けるよねぇ……としみじみおもいました……。
シャナ釘宮はおいといて……(笑)

ちなみに、定期購読したい雑誌は日経トレンディと、週刊アスキーなんですが、すこし間違ってますね……、主婦としても腐女子としても(笑)

続きを読む "WJに載ってるのか"

2006年2月 4日

The MANZAI 1

The MANZAI 1読みました……。

なんか微妙に、こっちではないなぁ……と思うんですが、CDドラマがあるので結局そういう視点でしかみれないっていうか、なんていうか……(とほほ……)
初出は岩波書店からってことなので、ほんとうの最初は児童向けだったのはないかとおもいます。それから、この文庫版になるまでに加筆修正をされたとのこと。

●The MANZAI● CDドラマの方ですまぁ、初出を読んでないんでなんともいえないんですけど、加筆修正ってどの程度までやったら、加筆修正なんだろう……。句読点の違いとか語尾のみでも修正だろうしねぇ。
もうすこし、あいたたな感じですすんでたのかなぁ。村ほど書き換えてはないとは思うんですけどねぇ。
まぁ、それはどうでもいいことです。

結局、買ってしまったのは、どうもいま活字中毒復活っぽくて(笑、最近CDドラマだの映画だのアニメだのを見続けた反動だよ、多分……)、村薫読みたくなってます……。晴子を買っている筈なのに、いま行方不明だし。新リア王はまだ未購入。
晴子でも探しだします。
このまま本をばかすか買うわけにはいかないので。

今月はナオジがまってるしね……

続きを読む "The MANZAI 1"

2006年2月 3日

結局、読むらしい(笑)

The manzai(1) 到達点(ボーダーライン) 9S
今日は天神にいって、なんだか至らん本ばっかり購入してみますた……。
実はアスパラのイベントチラシを見たかったのですが、とらのあな福岡店にはなくてあえなく敗退……
まぁ、申し込むことは考えてないので、いいか……

続きを読む "結局、読むらしい(笑)"

2006年1月29日

またもや、白のタートル……

本屋行ってきました……
幸いにもいつも行く近所の本屋で、袋に掛かっていなかったのでさんざん探しましたよ……(笑)
そしたら、18Pの左下にありました……。

TOEO関連の記事のなかかと思ったら、なんか今月のニュースみたいな、ところに有りました。写真は結構ちっさかった……。ネット上であがってないか探してみたけど、なさそうだし……
南央美さんの写真より大きく見えたのは、私だけですかね?

今年の冬話題(笑……、私らだけ?)のふわふわの白のタートルでした……。
うわ、まただ、と思って、ほかにもいろいろ着てたのですが、何色か忘れてしまったよ……(まったく使い物にならないよ、俺様……)

しかし、やけにべらべら捲られた様子のLOGIN3月号でしたよ、私が行った本屋は……。
もしかして、私の前に石田さん探した人がいるのかしら……

ちなみに、見ただけです(笑)
買ってません……

2005年12月12日

いや、可笑しかった……

アニメージュは、やっぱり福岡は今日発売だった模様。
あやしいおっさんたちに紛れて、NT1月号の立ち読み(だって立ち読みしろと云わんばかりのゴムかけだったし)して、アニメージュを買いました。
いや、アスラン単独表紙は買ってるなぁ。ほんとにアスランのタキシードのためにかった6月号といい……(読み返したら石田さんのインタビューがあってびっくりした……おい)。

平井さんはどーでもいいや……(私が好きな絵は米山さんなのねぇ。米山は絶対アスラン受けだと思うの……。キラがあんなにマッチョだったことといい……キラアスからしら……いや、違うから、絶対、笑)と捲りすぎて、石田さんと小島幸子ちゃんの対談まで抜かしてたという、体たらく。
中をぺらぺら捲りながら、最後まで来たけど、石田さんの記事無かったわ……もしかして乱丁?……とまで思ってしまった自分がすごいと思いました。
しかも、本屋で交換して貰うときになって云おうかとシミュレーションしてる当たりが、もう救えません……。

いえ、とにかく乱丁とかなくてよございました(笑)
でも、1月開始の落語天女って、やっぱり福岡無いんですね……はぁ。
旦那、関西に移住しようぜ!!(笑)と、すすめたくなります。でも大阪でも兵庫でもないからな、旦那の実家……(泣、ヘタすると福岡より見れないこともあるなぁ、多分)
インテ行く時くらいしかつかえねーな……(そーいうことでも無いんだけど……笑)

いや、アニメ雑誌に紛れて、アニメディアの別冊の種死本が出てまして……
もちろん、袋がけなんてされていなかったので、立ち読みしました。
声優のコメントだけ(笑、だって50話の総集編なんていらないし……)

石田さんは、癒しが保志くんだったらしいです。
あやうく、となりにNT立ち読みしているおっさんがいるのに吹きそうになりました。
きっと嫁から妙な演技指導が入りまくっていたに違いないさ……(笑、ほんとなんかね……脚本の仕上がりが遅くてもアフレコには来ていたって云うのは……)
なにげに問題発言だらけです、石田さん。
でも、辛かったんだろうなぁ……マジであれは。つーか、メージュの6月号のインタビューのアスランに対してのコメントがなんかすべてを物語ってたりしてたもんね。
今にして思えば……ってやつです。

ちなみに鈴は、イベントで石田さんとお笑いコンビをしたのが楽しかったらしい。
ほっしーは、アスランの苦悩とシンの苦悩が云々と云ってたなぁ。

そーいや、小島幸子ちゃんとの対談でもお笑いコンビが……って云われてたような……。幸子ちゃんはのりのりだったねぇ……(笑)


ついでに、レンタル屋もみたら、積●館にはエリンブロコビッチじゃなくてなんだったっけ……
そうそう、ヘドウィグ・アンド・アングリーインチが有りました。
ただし、ビデオ……。
かりるなら明日ね……(明日はレンタルが150円なのね……)
23でもいいなぁ……仕事休みだし。

2005年12月 6日

VOICE COLLECTION 声優インタビュー2005


とりあえず、明日来るアスランの代金を旦那の口座から下ろして(いや、ちゃんと了解は貰ってるんだけどね……笑、その方が問題だって)、郵便局の近所の品揃えの悪い積●館へ行きました。
フジミの新刊を探しに行ったんだけど、やっぱりなくて、今度違う本屋にでも行ってきます(笑)

で、いろんなところでぱふの1月号にインタービューが……という話だったので一応見たわけです……。
インタビューはまぁ別にどうでもいい感じでした。ネットに載ってるのそのままって感じだったし。
で、記事タイトルの表紙の本が載っていたのですが、その表紙の右下にあったのは……

高橋広樹×鈴村健一 石田彰

という文字でして……
この" " ってなんですか?
って私としては聞きたくなってしまったのでした……。
多分、+でよかったと思うんですけどねぇ。
正直、私も本屋で見ただけなので、真ん中が鈴で良かったかどうかも微妙なところなんですが。
どうも、今年ぱふに載った記事の総集編みたいな感じで書かれてあったんですが……。
"+"がなんだろう……ってえらく気になります。

なんかのBLCDの対談にCPの相手じゃなかった石田さんが入ったのかしら……って(笑)

ちなみに発売は12月中旬とのこと

花ゆめ、CD付か……

12月19日発売の花ゆめは、学園アリスのCD付か……。
買っちゃうんだろうなぁ、私。
この情報、私、2chで見る前にどっかのファンサイトで見た気がしたんだけど、どこだったっけ……

で、読まない雑誌ばかりが増えていく……
いや、今回はアリス読んじゃって、原作を大人買い……しそうで嫌かも……(泣)

久々にいま、mod'sのCMを見てしまった(TVQでみたのは初めてだ……)。
TVのチカラでCMが違うのに変更になってしまってみれなくなってたから、嬉しいなぁ。不意打ちだったけど。

花ゆめの情報は思い出しました(笑)
コクハク様でした。こちらのサイトは最新の情報が結構早くて好きです。

2005年11月27日

DOUBLE CALLをよんでみました


実は奇談シリーズがあればいいなぁ、程度で近所のBOOK OFFに行ったのですが、やっぱりなくて、ぷらぷらしてたら、見つけました、DOUBLE CALL……。
7巻まで以前のものが100円で出てたのでつい……。
アマゾンで見るとどうも9巻まででているのですね。

多分友人にかりて読んだのはこれくらいまでだったと覚えてるかなぁ……。
ちゅーか、こんなところで読むの止めてたのか、私……。いかん、覚えてない……。一番BL系を読んでたし、買ってたころなので、覚えてないや(笑)

1巻から思いましたが、帝王と石田さんだねぇ……(笑)
どう読んでも。千堂はたぶん石田さんやるの得意系のキャラでしょうしね。とりあえず、来月になったら、アマゾンで続きを購入してみます……。
←その前にCDドラマを買った方がいいんじゃないだろうか、とりあえずあるものを……

私、DOUBLE CALLのCDドラマ買おう買おうと思ってて結局買えなかったやつなのよねぇ(別にキャスト買いじゃなくて、純粋に原作がすきなのね……)今思うと……ってやつだなぁ……。Dちゃん、持ってないだろうか……。

なんか8巻読んだようなきがするけど、本当に覚えてないなぁ、私。
話も好きだから、面白く一気によんだけど、何巻まで読んだかも結構考えながら読んでしまいました……。

こっちのブログでいいのかなぁ……
まぁ、脳内帝王と石田さんで読んだからいいっか……

なんだかまじ、ぐだぐだだな、私。

2005年11月20日

奇談シリーズ、立ち読みしてみた……

もともとWHっていうレーベル自体がBLでもいけるし、BLでなくてもいけるっていう感じなので、玉虫色ってかんじなんですが……

奇談シリーズも、微妙なはなしですね。そっちの視点から見たら……。
結局、私は、JUNE小説読みなので、どんな話読むにしてもどうしてもそういった視点でよんじゃうんですが……

奇談シリーズ自体は古本屋で100円とかで売ってたら買ってもいいかもしれない(でもなさそうだなぁ、ここいらで……)けど、同人誌は絶対出さない類のシリーズだなぁ……と思って立ち読みしました。
まぁ、もともと作者の人の名前の字面が苦手で読んでいなかった話なので、こんなことでもない限りよまなかったとおもうんですが(笑)
背表紙が呼んでいないっていうのは、私にとって本を選ばない一番の理由だったりします。

と、いうのも、朗読会有るんですよねぇ。ヤクルトホール。
私はもう絶対いけないので、チケット取る気もないんですが……。
まぁ、そのうちCDドラマは買おうと思っているので、参考のために読んできました。

よんでて思いましたが、これの石田さんは、もしかして、ぶりぶり系でいってるんですか?
よんでたのは、下呂温泉に行く話のやつなんですが、ぶりぶり系の可愛い彰声が頭の中を流れましたよ……。
ツーリングのシャルルをもう一段階可愛くした感じ。
なんだか、CDドラマ、買って確かめなきゃ……という気にさせられました……。
でもきっと、私の想像とか違ってるんだろうけど(笑)

旦那が今日鳥栖のアウトレットに行く途中で、ちょうど郷田ほづみさんについていろいろ語ってたんで、きいてましたが……
私、郷田ほづみさんは実は俳優が主だと、思っていました……。
奇談シリーズのCDドラマにでているのをみて、声優もやるんだ……っておもってたんですが、どうも事情はちがうようですね……。
旦那との認識の違いが面白いです。


で、今、WIKIみて思い出しましたが、怪物ランド、お笑いスター誕生で見てます。多分、私……(すきだったのね、お笑いスター誕生……)
ルーピン先生の吹替も郷田さんだ……。ルーピン先生もすきだ……私。
つーか、私がみたルーピン先生は字幕版だっていうの(笑)

2005年11月15日

暗殺予告 要人警護5

今日の通勤のお供なわけですが、ちょっと聞かれたので攻の声誰かなぁ…と考えながらちょい読み直してるんですが……。

私、声優あんまりしらなかったという事実に辿り着いてしまいました(笑)
帝王でも十郎太さんでもないことは判ってる(この人たちはぜひ、キャリアの上司とか直属の上司で)んですが、それ以外となると、種声優くらいしか……(笑、アニメ復帰CDドラマ復帰が数年ぶりだからね、私)
趣味と実益を兼ねて(?、笑。兼ねちゃうんだ……)鈴?とかも考えましたが、ちょい弱いかなぁ、ともね。
でも、つい作中シンの声で読んじゃった(笑)部分もあったりするのでねぇ……


なんていいますか、この小説の攻、男性的なフェロモンがないわけじゃなくて、むしろむんむんなんでしょうけど、でも子供らしいかわいい部分のが、美晴さんに対しては出てるんですよね〜
まだ、若いしなぁ。猪突系の大型犬みたいな攻って、だれがいいんですかねぇ?

結構私はお手上げ状態です。この人がいい!っていうのないですかねぇ……。
あれば、コメントにでも書いていただけると(笑)

あっ、クールビューティな立花美晴警部は私の中では石田さんで確定ランプが付いてますんで(笑)

でも絶対ありえないからなぁ……

pege/2pege |nextlast