2006年11月 9日

幕末機関説いろはにほへと#4 裏疑獄異聞

えぇと、ほんとに配信前日に見てる私を笑って下さい……
実はGyao関連は石田さんブログに感想書いている、NHGもためてしまっていて、ちょっとヤバ……状態になってたりします(笑)
エンジェレも見わすれた……というさんざんな状態に(笑)

ということで、ほんとに2週間ぶりの秋月様……でした。


蒼鉄が書き起こした新作芝居は、横浜の街で大反響を呼ぶ。 だが、復讐劇の真の仇・中居屋重兵衛は、一座の芝居を阻止するべく、第二の刺客を放った。耀次郎を用心棒に迎えた赫乃丈一座も、これを迎え撃つ。

「秋月様。皆の命、あなたにお預けいたします」

敵の得物は飛び道具。果たして、一座は無事芝居の幕を開けられるのか?
かくして、張り詰めた緊張感の中で、開演を告げる柝が鳴り響くのだった――。

脚本:宮下隼一/絵コンテ:鈴木竜也/演出:北村真咲/作画監督:鈴木竜也


けど……
やっぱり、このアニメ、今期で一番お気に入りだと思い出しました(笑、ちょっとアニメから離れてたら、忘れそうに……)

舞台を斎賀衆の末裔が撃つ瞬間を狙って、団子を食って待つシーンとか今回のお気に入りだったりします。
団子をくってるだけなのに、それまでのいろんな人の動向で緊迫感満載に見えて好きだ……
秋月の気配に気づいて、がばと振り向くのも私がどきどきしちゃったよ……すっかり気分は斎賀衆……


えぇと……
ちょっと以降、腐くさくなります。
嫌な人は気をつけてね……

このアニメ、秋月総受けでいけそうですよね……(笑)
一番のおすすめは、金髪の彼×秋月なんですが、次が、蒼鉄×秋月……
ちょっと探してきてもいいかなぁ……(笑)
でも、きっとすっげー王道だと思います、あっちの世界では、はい。
赫乃丈がいるのに、ほとんどむっしんぐですね、あたし……

これが腐女子クオリティなんですよ……

でも、ルルたんに行かずにこっちにくるあたりが私だなぁ……

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hynemoth.com/mt-tb.cgi/1949

TBの反映は認証後になります。少々お待ち下さいませ。

言及リンクはなくても大丈夫なはず……