2007年1月19日

いろはにほへと #15 秘刀共鳴す

全然、婚前旅行じゃないし……っ!!(詳細は前回感想のラスト……笑)
いえ、自分でも思っていなかったんですが、つい……ね(笑)

でも、なんか面白かったです。
なんかすんなりと面白かった。

さて。
今回は、どうして、再三首の封印ができなかったか?
の回答編になるでしょうね、平たくいうと。

一座と別れた耀次郎と赫乃丈の姿は、日光街道にあった。鳥羽・伏見から広がった戊辰の戦火は北へと拡大し、下野国(現・栃木県)宇都宮宿もまた、焦土と化していた。 だが、そこに暮らす人々は健気に力強く生き、木賃宿に響く旅芸人の小唄に乗せて、赫乃丈の舞が人々に束の間の笑顔をもたらす。そんな折、耀次郎のもとに聖天からの密書が届いた。

「東照大権現様が御霊屋 探索の要あり 直ちに訪なふべし」

『覇者の首』解放の謎を解き明かさんと、耀次郎は東照宮を目指す!

第十五話 スタッフ
脚本:吉田伸/絵コンテ:桑原智/演出:遠藤広隆/作画監督:高山朋浩

今回のお師匠様(聖天っていうんですね、やっと覚えました)の

食材は
秋も深まって参りました(笑)
栗は私が小学生の頃から、運動会(もちろん、私の頃は秋だった)のお弁当のデザートに母親に剥いて貰っていました。
もちろん、田舎に住んでいたので、買った栗でなく、山にとりに行った栗ですけどね。
そこで学習する(というか怒られる…)のが、落ちている栗は拾うな……というのなんですが、落ちてなくても、栗は食べてたらがりがりするのは中に虫さんが茹で上がってこんにちわ……ときがあってねぇ……というのが定番だったりするのです。
←すげー実話……

では最初から--------

いきなり、ナレーターの津嘉山さんに、日光街道をいく赫乃丈と秋月……みたいな、ことを云われて、なんだか訳もわからずウケた私です。
秋月がしゃべっただけで笑ってしまったので、きっとそういうお年頃なんだろうということにします。

赫乃丈の草鞋の紐が切れたのを助けれくれたのはすこし化け物じみたねーさん連れ3人でした。
まぁ、ここいらとか宿とかで、秋月も赫乃丈のことを……とかすこし、恋愛モードにはいるのかなぁ……とおもうこともなかったのですが、そんなあまっちろい考えはラスト、どんでん返しをくらってしまったり……

戦火に落ちた宇都宮では宿屋も焼けて、みんな一緒に雑魚寝状態……
そこで草鞋を分けてくれたねーさんたち。

前回の予告の蒼鉄先生も文作戦でしたが、対抗して聖天お師匠も文作戦です。
しかもなんだか首が伸びてきそうな三味線三姉妹でした(いや、きっと姉妹じゃないから!!、兄弟弟子かもしれないけれど…)は、高麗の里を匂わせてきたら……と思ったらお師匠様の文を持ってきてくれたのでした……
いや、この真ん中のねーさん、いつか蛇に変身するんじゃないかと、じつはどきどきものでした。
↑しなくてよかった……ほんとに。化け物じみててこわかったのよ?
高麗の里は、武州なのか、とやっとわかりました。

宿で、兄弟のみで焼け出された子供らを見るときの秋月の視線……
そとから伸ばす手に、膳を縁側に近づける秋月。
秋月にもそんな過去が?……と思ってしまったりね。
そこを、今回栗のお師匠様がひろったり……とか、なんだか妄想しそうに……

お師匠様の言いつけをまもって、秋月は大権現を探索へ……
でてくるのが、蒼月先生が操っていたっぽみたいな、巨人の兵隊さんなんですけど、もちろん、ここへ飛びいる赫乃丈です。
こういうところへ、かならずヒロインは出なくてはいけないのですよ。
そこで、役立たずなのが、ヒロインなのですが、ここからが違っていたんですよ!!

首塚に落ちていた刀に引き寄せられる赫乃丈……
うわ、赫乃丈も永遠の刺客の片割れ……でいいの?、みたいな。

ちょっと正直うざかった赫乃丈に、こんな役割があるとは思っていなかったっす。
恋愛だけでは、秋月には長くはついていけないとは思っていたんですよね、赫乃丈。
そうか、そうきたか……、って……すっげー納得。

どおりで、秋月だけでは首が封印できなかったのねぇ……とも。
おかしいと思ってたんですよね。
でも、このことまで蒼月先生がしっていたかどうかも気になるなぁ。
しっていたかなぁ……どうだろう……

赫乃丈は、ただの神無のママンもどきじゃなかったんですね?(笑)
秋月はまだ座長って呼んでたのか……いままでもなんどか聞いた覚えがあるけど、今回やっと自覚しました……
名前をお呼びください……とか云わないのかなぁ、そろそろ赫乃丈は。

そして、来週は待っていた土方がっ!!
土方の声、耳の悪い私が聞いたら、だれだかわかんないし……(わかるかた教えて頂きたいっす……剣豪なので中井さんとかいいだしかねんさ、私……笑)
日野の道場のときのシーンに土方でてきたかどうか忘れてるしなぁ(笑)

今日の画、目が縦長だなぁ……と……
まぁ、いいか……

http://blogs.dion.ne.jp/akira_surprise/archives/4923089.html

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hynemoth.com/mt-tb.cgi/2056

TBの反映は認証後になります。少々お待ち下さいませ。

言及リンクはなくても大丈夫なはず……

トラックバック

» 幕末機関説 いろはにほへと 第15話 from 孤狼Nachtwanderung
第15話「秘刀共鳴す」 大権現徳川家康公が永遠の刺客だった!? 大阪の陣は首封じの戦だった!? 赫乃丈が月涙刀に呼ばれちゃった!? 日光街... 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと #15 「秘刀共鳴す」 from マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
アリガチなわらじネタ、そして意外に優しい耀次郎。 観ているコチラが恥ずかしくなりました・・・ だって私も生娘だから♪ ・・・ ・・・ ・・・... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと 第15話「秘刀共鳴す」 from 七転び八起き妄想日記
{{{:   '''第15話「秘刀共鳴す」''' 一座と別れた耀次郎と赫乃丈の姿は、日光街道にあった。... 続きを読む

» 「幕末機関説いろはにほへと」第15話 from 日々“是”精進!
第十五話「秘刀共鳴す」(2月2日正午まで配信)一座と別れた耀次郎と赫乃丈の姿は、日光街道にあった。鳥羽・伏見から広がった戊辰の戦火は北へと拡大し、下野国(... 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 15「秘刀共鳴す」 from はざまの欠片
日光を行く耀次郎と赫乃丈。わらじが切れちゃうのはお約束ですが、耀次郎の優しさにドキドキしました(笑)。 若い人はいいねぇ…とお姐さん方が通りかかりました... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと 第15話 from 本を読みながら日記をつけるBlog
「秘刀共鳴す」 ご一緒致します 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと #15「秘刀共鳴す」 from Anochecerblog
本編でもちょい萌えでしたが、次回予告で全てが吹っ飛びました!!その叫びは後ほど(笑)日光街道を北に進む耀次郎と座長。時代劇でお約束の『娘の草履の鼻緒が切れ... 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 第15話 『秘刀共鳴す』 from ティンカーベルをください
耀次郎にトキメキすぎて ちょっぴり酸欠気味です…w これ以上私を惚れさせてどうするつもりだね?!秋月くん!! ※ネタバレあり 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと・第15話『秘刀共鳴す 』 from そんなん、アカンやん。
覇者の首を乗せた榎本艦隊を 追い北へ向かう耀次郎と赫乃丈 この国の未来を占う筈の戦は 庶民の生活に深く傷跡を残す 耀次郎達は日光街道にあった。 古くは... 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 第15話「秘刀共鳴す」 from 超・戯れ言
ついに幻影兵士を切ることが可能に! もう一本の月涙刀と共鳴することによって耀次郎 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと第15話 秘刀共鳴す from とれもーるの雑談
破邪の首を追って、北へ向かう秋月と赫之丈。 秋月は高麗の聖天様からの密書で日光東 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと/15話 秘刀共鳴す from てけと〜な日記
覇者の首を乗せ、江戸を発った榎本武揚率いる旧幕府艦隊を追い、 日光街道を北へと向かう耀次郎と赫乃丈。 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと 15話「秘刀共鳴す」感想 from 月の砂漠のあしあと
幕末機関説 いろはにほへと 1 ★★★★(10段階評価)なんか耀次郎が優しくなってる!?先週、座長が追いついた時は、物凄くどうでも良さそうだったのに(笑... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと第15話「秘刀共鳴す」 from こしょぞうさんの叫び
 日光への二人旅、新婚旅行のようです。 わらじの鼻緒が切れてしまった赫乃丈に、 続きを読む

コメント

土方の中の人は檜山さんでは?

そうみたいですね?、fooさま。
よそさまのブログを拝見したら、ちらほらと(笑)土方はそのまま五稜郭で榎本の下につくので、どういう絡み方をするのか楽しみです?。

コメントする