2007年2月 9日

いろはにほへと #18 宿命哀れなり

実は座長をどうにかするのかと思っていたんですよね……
ちょっと、びっくりっていうか……まぁ、でも2クールで#18なので、そろそろそういうことがあってもいい頃ですよね。

でも、一番気になってるのは、ルークが榎本の艦に置き去りにされたのかどうか、なんですけど……どうかなぁ……

仙台藩は遂に新政府軍へ恭順の方針を決定、旧幕府軍は仙台からの撤退を余儀なくされる。戦う意思のある兵士たちは、松島湾に停泊する旧幕府艦隊の元に集結する。彼らを収容する開陽丸の前に、パークスによって『覇者の首』殲滅の命を受けたチーム神無が操る艦が突っ込んできた! 混乱する開陽丸の甲板で、遂に、耀次郎、赫乃丈が、「首」にとり憑かれた榎本と対峙する!

「『覇者の首』、封印――!!」

耀次郎と赫乃丈の月涙刀が『覇者の首』を前に妖しく輝く――!

第十八話 スタッフ
脚本:鈴木やすゆき/絵コンテ:桑原智/演出:北村 真咲/作画監督:竹森 由加


冒頭、時間軸の把握が私、ちょっとできなったです(汗)
赤のチェス軍団の第一次襲撃はまだ終わっていなかったんですね?。前回ちょっといろいろしていたのは、もしかして下準備だったんだろうか……(思わず、#17のB パート見直してしまった……)
やっぱり覇者の首は、永遠の刺客以外にはだめなんですね。
一度にらまれたら、みんな覇者の首の妖気にめろめろになってしまうみたい。
危なくなったトコでお助け神無がっっ!!
でも、神無も覇者の首ににらまれてるし……

そうこうしているうちに、歳さんは巻物にお名前書いちゃってるし……
いやん、なんだか蒼鉄の手に歳さんが堕ちたような気になってきちゃったよ、私。

赤のチェス軍団も、なんだか神無がきちんとリーダーらしくなってきて、どうしたの?とか云いそうに……
あの状況でお助けに来たのが良かったんだろうか。
最初らへんは、秋月がお助けだったけど、ここに来て神無がお助けに……

あの、でも、チェス軍団の方々は、エゲレスの方々ですよね……
ちょっと、英語がやばそうな……(笑)
いや、笑って誤魔化そう。

第2次赤のチェス軍団の襲撃は、新選組の人が乗り込んでくるときにあわせてます。
この新選組の方々に紛れて、秋月と座長まできたから、ちょっと紊乱状態に……
ルークが云っていた、"もっと大きな恐怖に?" というのは、やっぱり覇者の首なんでしょうね……
ルーク自体もそうだったかもしれないです。
クィーンとルークは兄弟というのも、ここで判明……(まえから判明してたんだっけ……私が気づいたのが今回が初めて……ということで…)
クィーンは川上さんなのですが、こういう川上さんの声はいいな……とちょっと思ったりして。

で、結局、陽の小太刀を持っている座長は、覇者の首を封印しようとした陰の太刀を持っている秋月をきってしまいます。
封印されていない覇者の首と、月涙刀2本が揃うと、小太刀は覇者の首の味方をするんですね……
お師匠様でなくても、それはまずい……といいそうになります。
実は私、2本揃うと、首が封印できるかと思っていたんですけど、違ったんですね……(汗)
どうしたら、首、封印できるんだろう。

ほんと、私は素直に制作者側のフェイクにダマされる人間なので、いままで月類刀2本でいろいろ立ち会いみたいなものを座長と秋月でやってるし、先週の予告もあったしで、逆になるのかと思ってたのに……
まぁ、来週の続きを楽しみに待ちたいと思います。
来週は一座の人間もでてくるのかなぁ……

しかし、土方が榎本に見た「将たる器」だけど、あれ、覇者の首の効果っぽく見えちゃうんですよね(笑)

まぁ、なんていうの……
ここまでうだうだ座長をついてこさせた秋月の自業自得とも見えないでもないです。
江戸から仙台まで一緒にきてたら、そりゃ座長も、自分と秋月の宿命は同じ、みたいなこと云いたくもなるわね?
同じだけど、役目が逆だったから、こうなってしまったんだけど。
おりょうさんいうところの、同じ空気だったりというのを持っていたので、きっと秋月も座長をおいていけなかったんだと思うんだけどね。
座長と同じ気持ちだったりしたら、嫌かもしれない……(笑)

でも、なんていうか……
そうこうしていると、蒼鉄先生の思惑……みたいなモノも気になって仕方ないわけです。

覇者の首の封印のときってあんまりろくなことないよね。
最初は燃えて(だったよね?)、次は恵比寿があんなことになっちゃって、今回は秋月が陽の小太刀に斬られて……
どうなるのかしら……


以下、腐くさくなるので、気をつけて下さいね……


いや、さ……

秋月、海に堕ちたじゃない?
で、赤のチェス軍団もいたじゃない?
秋月を助けるのが、神無だったりぃ……とか
ここで、お約束の記憶喪失ネタとか……

考えたのは私だけですね……orz……

最初は神無攻ーーっ、とか云っていたはずなのに、赤のチェス軍団に入って以来、なんだか受にしか見えないんですよ……神無ってば。
今日なんて、ちょっと、秋月×神無もこれならいけるかも……と、↑みたな秋月救出劇を妄想しながら考えてしまったわけです。

ちょっと、いろいろ彷徨いて、妄想を篩いおとしてきます、はい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hynemoth.com/mt-tb.cgi/2099

TBの反映は認証後になります。少々お待ち下さいませ。

言及リンクはなくても大丈夫なはず……

トラックバック

» 幕末機関説 いろはにほへと #18 「宿命哀れなり」 from マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
眼力アイレード!? ・・・スゴイよ榎本さん。。。  ↓  ↓ 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 18「宿命哀れなり」 from はざまの欠片
やや忘れられた存在(笑)、”チーム神無”がいよいよ暴れだしました。といっても、榎本パワーにあえなくやられてしまいましたが…。 いくら凄腕とはいえ、あの人... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと 第18話「宿命哀れなり」 from 七転び八起き妄想日記
{{{:   '''第18話「宿命哀れなり」''' 仙台藩は遂に新政府軍へ恭順の方針を決定、旧幕府軍は... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと 第18話 from 本を読みながら日記をつけるBlog
「宿命哀れなり」 成る程、そういう事か 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 第18話「宿命哀れなり」 from WONDER TIME
耀次郎―――っ!!!!!(泣) 叫ばずにはいられない・・!! 前回の予告で予想はしてましたが耀次郎が・・・・(泣) 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 第18話 from 孤狼Nachtwanderung
第18話「宿命哀れなり」 二振りの月涙刀のヒ・ミ・チュ♪ 土方は蒼鉄の誘いに乗り開陽丸に乗船。 しかし、まだ榎本に全幅の信頼を寄せているわけ... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと・第18話『宿命哀れなり』 from そんなん、アカンやん。
月涙刀。 陽の小太刀。 覇者の首を前にせし時 其の首を守護する則を護るものに変われり。 ようやく辿り着いた『覇者の首』・榎本武揚。 左京之介率いるユ... 続きを読む

» 幕末機関説#18 説明書は事前に読んでおきましょう from 三十路のオタク日記
鬱陶しいと思われても  一途に思い詰めて 赫乃丈 想う通じて  晴れて愛おしい人に認められたり ででんでん  二人 死ぬときは一緒と誓い合い 死地に等しき... 続きを読む

» 「幕末機関説いろはにほへと」第18話 from 日々“是”精進!
第十八話「宿命哀れなり」(2月23日日正午まで配信)仙台藩は遂に新政府軍へ恭順の方針を決定、旧幕府軍は仙台からの撤退を余儀なくされる。戦う意思のある兵士た... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと第18話 宿命哀れなり from とれもーるの雑談
マズイぞ・・・(by聖天さま) いやぁぁぁぁ!!耀次郎が斬られた! しかも海に落 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと第18話「宿命哀れなり」 from こしょぞうさんの叫び
榎本サマ、首が取り憑いてからずっと引きこもってましたが、ようやく力を発揮し始めま 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと 第18話「宿命哀れなり」 from 超・戯れ言
耀次郎が赫乃丈に斬られ船から落下 意外とざっくりと斬られて重症っぽい耀次郎を誰が 続きを読む

» 『幕末機関説いとはにほへと』#18 from ジャスタウェイの日記
== *第18話「宿命哀れなり」 == ||<#ffffff' style=' width:585;height:50;font:... 続きを読む

» いろはにほへと 18話 宿命哀れなり from ネコのあしあと
ほう、やはりな心配無用、ネズミですって予測していたから船を下りてたんでしょうちゃっかりものの蒼鉄センセイ・・・ 続きを読む

» 「幕末機関説 いろはにほへと」 第十八話「宿命哀れなり」 from 時代伝奇夢中道 主水血笑録
 榎本を襲撃した左京之介らは、榎本の底知れぬ力の前に撤退。土方はその榎本の軍に加 続きを読む

» 「幕末機関説 いろはにほへと」 第18話「宿命哀れなり」 from ムニ枕のブログ  黒ルルーシュ同盟活動中!
覇者の首の力が発揮された今回。哀れ永遠の刺客 己が宿命の真なるを知らず 続きを読む

» 幕末機関説 いろはにほへと/18話 宿命哀れなり from てけと〜な日記
新政府軍に対し恭順の意を示した仙台藩と共に、崩壊した奥羽越列藩同盟。 続きを読む

» 「幕末機関説いろはにほへと」#18【宿命哀れなり】…タイトルまんまだ from 橘の部屋
ほんと、『宿命哀れなり』の一言につきますね。 先週の予告を聴いた時点で想像出来たシーンなので、 来るぞ来るぞと覚悟しながら見ていましたが、 それでも {/... 続きを読む

» 幕末機関説いろはにほへと 18話「宿命哀れなり」感想 from 月の砂漠のあしあと
幕末機関説 いろはにほへと 1 ★★★★★☆(10段階評価) 歴代の首の主は全て道半ばにして倒れているという、しょっぱい来歴から覇者の首のチカラがどん... 続きを読む