2007年4月12日

いろはにほへと #26 海の向こうへ

うほっ……
ごめん、いろいろあったけど、ラストの秋月のよーそーでなにもかもがふっとんでしまいました……

蒼鉄先生もいろいろかわいそーだったのね?、とか、琴波太夫助かったのね……とか、やっぱり神無はご臨終だったのか……とかいろいろ思っていたのに……


秋月のよーそーが……

耀次郎のヨーソーが……

以下略

海の向こうへ #26

魔城五稜郭内部に突入した耀次郎。だが、そこに待ち受けていたのは守霊鬼と化した旧幕府軍の兵士たちの群れと、今や「覇者の首」の守り刀となった赫乃丈の姿であった。
ふたつの月涙刀が、その雌雄を掛けて、今、三度相見える!
「永遠の刺客」としての宿命(さだめ)をまっとうせんと決意した耀次郎は、赫乃丈との一騎打ちに臨む!

「彼の者再びあいまみえし時あらば、一刀の下に斬り捨てる所存にて候…!!」

ふたりの「永遠の刺客」の戦いを、冷ややかに見据える蒼鉄の視線。
彼の者が望む世界の完成の瞬間(とき)が刻一刻と迫っていた――!

第二十六話 スタッフ
脚本:宮下隼一/絵コンテ:大橋誉志光/演出:大橋誉志光/作画監督:恩田尚之


まぁ、こう、なんか、すげー大団円だわね、結局。
神無はあれがいちばんよかったんだろうな、とも思えるし(いや、どうして、そこで神無なのだ、私……笑)

なんていうか、ラストで耀次郎の洋装を持ってきた高橋監督に、乾杯って感じでした……
いや、キララクのヌードより衝撃的でしたのよ、まじで(笑)

こう…………

なんだこれはっっ

って、かんじだったの……

あぁ、なんか、結局、私は、耀次郎と神無でみちゃったのね、って……
なんてこったい……

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hynemoth.com/mt-tb.cgi/2158

TBの反映は認証後になります。少々お待ち下さいませ。

言及リンクはなくても大丈夫なはず……