2008年3月24日

さぁ、明日からっっ

えぇと、よみました。
アフタヌーンの5月号ですが。

なんですが、いろんな人のアフターな感じです。

10巻の発売が5月とかいろいろありますがね。ふふ……


負けるっていうのは、やっぱり0からのスタートなんですよね。
0からのスタートにちょっと失敗したり、きちんと切れたり、本来行くはずだったところからはずしてしまったり、という人々のそれぞれのスタートだなぁ、と感じました。

呂佳さんにしても和さんにしても、きちんと野球に向き合えているかというと、そうではなくて、さてどうしよう、って思ったときに、こんな列車がきたからとりあえず乗ってみた、って感じで。

そんなちゅうぶらりんな感じの描き方が、先生はほんとにうまくてにしうらーぜより見入っちゃりしたのは、私がいい加減、いい年の大人になってしまったから、なんだろうな、と思います。


まぁ、西浦ーぜも再出発なんですが、阿部は、こんなに熱かったなぁ、いや、野球に関しては熱いやつだったよな、と。
いや、なんていうか、まぁなんですか、阿部も高校1年だっただなぁ、と、メーター振り切れる前にモモカンを仰ぐのをみて思いました、はい。
しかし、3日後に会うのは、ミハなんですね、そうですね。

しかし、あべたかや、15歳、ミハへのメールの書き方をもう少し考えたほうがいいと思いますよ……(笑)
ミハも阿部くんのことがきになってしようがない模様は、もうア ベ ミ ハでもミ ハ ベでもどっちでもいいが、本家本元はパワーがなんだか違います……

ぶっちゃけ、先月号を会社の休憩室で読んでいて、なんてアベミハって、すげー恥ずかしくなってしまった人間なあたくし……
←私はやっぱりタ ジ ミ ハがよみたい……

今回はバッターとしての田島と花井もいたりしますが、た じ は なの方いいなぁ……とか、もうとんでもないことを本編読んで口走りそうになっていたりするんですが、まぁ、ソレはそれ(笑)

いや、早くコミックスが購入のアフタヌーンに追いついてくれるのを心待ちにしております……
指折り数えるのもなんだな、って感じなので。
アニメよりはコミックスで読みたいのです、……こんなブログ書いている人間のいうことではない気はするのですがね。

タジミハみたい……
と(最近、そればっか……笑)ちょっと落ち込みそうになっていた(落ち込むところが違います……)らきましたよっっ!!
ありがとう、ひぐち先生……関東に

田島はやっぱりミハの手を握って、ひきあげてくれる人なんだなと、こんな時だけじゃなくて、なんだけどね。
オレはここなんだから、おまえもここっ、みたいな……

そんなコがいてくれてよかったね、って通常の三橋をみていたらホントに思ってしまいます。

そんな2コマで、今月はおしまい。
←いや違います……

阿部のリハビリトレーニングがすべてミハが実演してて、うっほっって思いました……
復帰するとあべなのね(笑)



まぁ、なんていうか、負けたことに関しては、私はまぁある程度予想はしていたんですが、
もう少し、西浦ーぜが負けた事実に関してなにかくるのかなぁ、と思っていたら、そうでもなく、すんなり次の大会に気持ちを向けていけそうな感じなので安心しました。

まだ、1年だったんだなぁ、とそこでもやっぱり実感だし。
彼らは負けて0ではなくて、負けてそしてスタートラインに立っただな、と思いました。

私は勝手におお振りの最終回はみんなの卒業式だと思っているんですが、それで思いこんでてもそろそろ大丈夫かな、という気になってきました。
やっぱり、だめかな……


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hynemoth.com/mt-tb.cgi/3573

TBの反映は認証後になります。少々お待ち下さいませ。

言及リンクはなくても大丈夫なはず……